ケルト語圏

ガリア戦記のなかで、ガリア人は「誕生日や朔日や元日も、昼が夜の後につづくという原則にもとづいて祝われる」という記述があった。