パラケルススの墓碑「生ける者には平和を、死せる者には永遠の安息を」

PAX VIVIS REQUIES, AETERNA SEPULTIS

パラケルススの墓碑の最後にある文らしい。ラテン語で書いてあるのだが、これを訳すと

「生ける者には平和を、死せる者には永遠の安息を」

になるそうである。とてもかっこいい。

パラケルススの死

1541年の9月21日、パラケルススは公証人に遺言状を口授して筆記させる。
3日後の1541年9月24日土曜日にザルツブルグで死去。
同じ日に、遺体は聖セバスティアン教会の貧民墓地に葬られている。

遺言に拠って、わずかな所持品は若干の友人に与えられることになったそうだ。

パラケルススの生地であるアインジーデルンの血縁者に10グルデンが割り振られたのだけど、修道院長代理人が、パラケルススがその教会に属している証としてか、10グルデンと高価な装飾品を持ちさったようです。菊地原洋平 著, ヒロ・ヒライ 編集 『パラケルススと魔術的ルネサンス』 勁草書房(2013)

ここに埋葬され永眠せるものは

フィリップス・テオフラストゥス

優秀な医学博士、悪性の傷、癩病、痛風、水腫および体のその他の不治の病気を驚嘆すべき術で治癒し、その財産のすべてを貧しき人々に頒ち与えた者 1541年9月24日、彼はその生を死に渡した。

生ける者には平和を、葬られし者には永遠の休息を。

E.カイザー 著; 小原正明 訳 『パラケルススの生涯: 近代医学の父、放浪の錬金術師』 東京図書(1977)

誕生日はいつなの?

死んだ日は確かなようですが、生まれた日となると、ちょっとズレがある。

1494年5月1日 生まれ

生地はチューリッヒ湖の南方の山間部にある巡礼の霊地アインジーデルン、生年は1494年5月1日が確かであると言われる。
チャールズ・ウェブスター 著; 金子務 監訳 『パラケルススからニュートンへ―魔術と科学のはざま (平凡社選書)』 平凡社(1999)

1493年の11月30日 または、12月17日 生まれ

1493年の11月30日――12月17日とも言われているが――彼女にただ一人の子が生まれ、フィリップス・アウレオルス・テオフラストゥスと名付けられた。
E.カイザー 著; 小原正明 訳 『パラケルススの生涯: 近代医学の父、放浪の錬金術師』 東京図書(1977)

1493年後半から1494年の前半の間。ずいぶん開きがありますねえ……。

どうも、A・Hという署名による二つの肖像画の「1538年45歳」と「1540年47歳」という説明文から導き出された推測であって、確固たる証拠はないようです。菊地原洋平 著, ヒロ・ヒライ 編集 『パラケルススと魔術的ルネサンス』 勁草書房(2013)

Photo Embed by Google Photos

ただ、確実に違うでしょう、っていうのもあって、それがマルティン・ルターとの取り違え。

バーゼルの錬金術師で魔術師で医師のレオンハルト・トゥルナイサーは、同時代の人物であって、ホーエンハイムの誕生日を「西暦1483年11月10日の正午ちょうど」と言っているが、疑わしい。そのわけは、この日はマルティン・ルターの誕生日であり、トゥルナイサーの取り違えは明らかである。これに反して、1493年の後半あるいは1494年の前半という説は、ある程度確からしい。
E.カイザー 著; 小原正明 訳 『パラケルススの生涯: 近代医学の父、放浪の錬金術師』 東京図書(1977)

パラケルススの出るおすすめマンガ

私がパラケルススを好きなのは河内和泉の漫画、『機工魔術士-enchanter-』の影響ですが、この漫画のパラケルススはちゃんと(?)医者をしているので、とても好きです。

骨だけど。

参考文献

  • E.カイザー 著; 小原正明 訳 『パラケルススの生涯: 近代医学の父、放浪の錬金術師』 東京図書(1977)
  • チャールズ・ウェブスター 著; 金子務 監訳 『パラケルススからニュートンへ―魔術と科学のはざま (平凡社選書)』 平凡社(1999)
  • 菊地原洋平 著, ヒロ・ヒライ 編集 『パラケルススと魔術的ルネサンス』 勁草書房(2013)