『古いアイルランドのソング』にクー・フリンとエウェルの歌があったぞ

2018年7月29日

アルフレッド・パーシヴァル・グレイヴズ(Alfred Perceval Graves)、チャールズ・スタンフォード(Charles Stanford)が共同して出した、『古いアイルランドのソング』 (Songs of Old Ireland, 1882)のなかに、アイルランド神話のクーフリンとその妻エウェルのものがあったのでご紹介。

参考 英国バラッド詩アーカイブ ( The British Literary Ballads Archive ) - アルフレッド・パーシヴァル・グレイヴズ (Alfred Perceval Graves, 1846-1931)

『古いアイルランドのソング』は見つけられませんでしたが、『グレイヴズ童話集』は邦訳されていますので、図書館でぜひぜひ~。このブログで過去に紹介もしております!(`・ω・´)

メロディはロンドンデリー・エア。ダニー・ボーイとして有名でしょうか。おそらく誰もが一度は聞いたことがあると思うw

どうでもいいですが私はダニー・ボーイって聞くと本家より先に『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』のOP「鉄のララバイ」の歌詞が浮かびます。いや鉄のララバイの歌詞は「Dummy Boy」ですけどボトムズなら「Danny Boy」もわからなくもないってとにかくボトムズはいいぞ

本題に戻って、ダニー・ボーイはこういう曲です。

楽譜・詩の原文を見る

Emer’s farewell to Cucullain (1)
Emer’s farewell to Cucullain (2)

ぼく
ぼく
リンク先のページで譜面を御覧ください!

譜面に載ってる歌詞が見えにくいよ、って方は英文ですが Emer’s farewell to Cucullain をクリックしてください。The Irish poems of Alfred Perceval Graves. Songs of the Gael. A Gaelic story-telling(1908)の中の該当ページにリンクしています。

歌詞

やっぱり自分も歌詞が読みにくかったので、打ち起こしてみた。

O might a maid confess her secret longing
 To one who dearly loves but may not speak!
Alas! I had not hidden to thy wronging
 A bleeding heart beneath a smiling cheek ;
I had not stemmed my bitter tears from starting,
 And thou hadst learned my bosom’s dear distress,
And half the pain, the cruel pain of parting.
 Had passed, Cuchullin, in thy fond caress.

But go! Connacia’s hostile trumpets call thee,
 Thy chariot mount and ride the ridge of war,
And prove whatever feat of arms befall thee,
 The hope and pride of Emer of Lismore ;
Ah, then return, my hero, girt with glory,
 To knit my virgin heart so near to thine,
That all who seek thy name in Erin’s story
 Shall find its loving letters linked with mine.
Alfred Perceval Graves, The Irish poems of Alfred Perceval Graves. Songs of the Gael. A Gaelic story-telling(1908)

日本語訳は……すみませんそのうち……そのうちやる……。

リンク