GoogleフォトのWordPress埋込用コード生成webサービスが便利!「フォトエンベッドメーカー」

2018年6月19日

ブログに載せる画像はGoogleフォトに置きたい。容量無制限は魅力的……サーバーの容量を節約できる……だけど、アドレス拾うの面倒くさ(ry

そんな悩みを解決してくれそうなのがこのWebサービス!です。

実際生成したコードを貼り付けた↓

Photo Embed by Google Photos

私が描いたTwitterのアイコンにもしているイラストです……(笑)
神話創作をほそぼそやってますが、アイルランド神話の赤枝説話群(Ulster Cycle)のクーフリンさんの御者ロイグさん、をネタイラストにしてしまった。

アルバムを使わないので、単に画像1枚をペタッと記事に貼り付ける場合だけを書いています。(アルバムってそんな使うの……?)

使い方

使い方はとても簡単でした。

1. Google フォトサイト を開く

Googleアカウントは取得してることを前提に話しますね。
……持ってるよね?(´・ω・`)

Googleアカウントにログインした状態で、Google フォトのページに行きます。

2. 共有したリンクを取得する

まず、表示させたい画像をアップロードします。アップロード(バックアップ)してある画像を使うのなら、この作業はいりません。

参考 写真や動画をバックアップする - Google フォト ヘルプ

ブラウザで開いていれば、ドラッグアンドドロップでアップロードできます。(アルバム内にアップロードしたければ、アルバムのページを開いてからドラッグすると早いです)

アップロードが済んだら、画像を選択するor画像のページを開いて右上のシェアボタンをクリックします。

出てきたメニューから「リンクを取得」をクリックし、リンクをコピーします。
(このとき、選択した画像だけが入った新規の共有アルバムが作成されます)

3. コードを生成する

フォトエンベッドメーカーに戻ります。

先程「リンクを取得」でコピーしたアドレスを、「共有URL」のテキストフォームに貼り付けます。

その他設定できる項目に

  • 表示サイズ(最大1600px)
  • カラム数(アルバム用)
  • タイプ(アルバム用)

がありますが、表示サイズ は、表示させたい最大幅を入力し、単一の画像だけを貼り付けたい場合はカラム数は「1」にしましょう。
タイプ(アルバム用)は1枚だけ貼り付ける場合関係ないので、いじらなくてよいです。(アルバム作る場合は好きなものを選んでください)

URLと設定の入力が終わったら、「コード生成」ボタンを押しましょう。

すると、プレビューと生成コードが表示されますので、うまくいっていたら生成コードをコピーします。

4. 記事に貼り付ける

自分のブログで記事を編集します。
入力モードはビジュアルモードだとうまくいかないことがあるので、テキストモードにしてからコピペしましょう。

プレビューしてちゃんと表示されるか確認しましょう。

ぼく
ぼく
現場からは以上です。

リンク Googleフォトのアルバムを WordPressに埋め込む為のコード生成サービス公開 – セルティスラボ