ディルムッドとグラニアの追跡を舞台化!「ダンシング・オン・デンジャラス・グラウンド」

2018年7月29日

これははまりそう。Dancing on Dangerous Groundという、アイリッシュダンスの舞台がすごくかっこ良かったのです!

DVDが出ているので購入して見ました。

アイリッシュダンスショーで、「ディルムッドとグラニアの追跡」のストーリーを下地にしているので当然フィンも出てくるのですが、フィンは一回もアイリッシュダンスしません。が、イケてるオジサマ臭が半端ないです。トニー・ケンプいいですね。

冒頭部分での語りでフィンが「Ard ri, High king ──」 みたいなこといってますが「上王」にはなってないはず。
聞き間違えたのかと思ったんだけどやっぱり「high king」ってナレーション……いやいや。コルマク・マク・アートはどこかに消えたようです。グラニアの父親なんですけど……。
そういう設定なんでしょうね(減らしたのかな?)。

あともうひとつ、「ディルムッドとグラニアの追跡」ではフィアナ騎士団の人たちはディルムッド殺さないはずなんですが……。
そういう設定なんでしょうね。

登場人物 役者
グラーニャ(Grania) ジーン・バトラー(Jean Butler)
ディルムッド(Diarmuid) コリン・ダン(Colin Dunne)
フィン・マクール(Finn McCool) トニー・ケンプ(Tony Kemp)

音楽はシェイマス・イーガン。
演奏はソーラス(Solas)というアイリッシュ・アメリカン・バンド。

このバンドについては全く知らなかったのですが、近い内に他の曲も聞いてみたいなと思います。

チャプター

  1. プロローグ Prologue
  2. フィンの城にて At the Court of Finn McCool
  3. グラーニャの到着 Grania’s Arrival
  4. ディルムッドの特訓 Diarmuid drills Finn’s Army
  5. ボディガードの贈り物 The Gift of the Bodyguards
  6. 城の女たち Women of the Court
  7. 婚礼の準備 始まる Wedding Celebrations Begin
  8. ディルムッドの回想 Diarmuid’s Reflection
  9. 運命の出会い Fate brings Diarmuid and Grania together
  10. フィンとグラーニャの婚礼 At the Wedding of Finn and Grania
  11. 恋人たちの歌 Lovers’ Song
  12. 目覚めたフィアナ騎士団 Finn’s Army wake from their drugged stupor
  13. 宣戦布告 The Cry for War
  14. 追跡 The Pursuit
  15. ディルムッドの捕獲 そして死 Diarmuid’s Capture and Death
  16. グラーニャの到着 悲嘆 Grania’s Lament
  17. 神話の中での再会 Reunited in Myth

ディルムッドの特訓シーンを見て購入を決めました(真顔)
いきなり腹筋しだすフィアナ騎士達……!

あと、ピアノも弾いてました(笑)

これははまりそう(二度目)。