『いかにしてアーサー王は日本で受容されサブカルチャー界に君臨したか 変容する中世騎士道物語』岡本広毅・小宮真樹子 編(みずき書林)

2019年8月1日

アーサー王関連の新刊が出たので買ってました。(多分発売日には買ってたはず……)

長いタイトルを略して『いかアサ』。

『いかアサ』公式twitterアカウント( @quondam_futurus )があったり、特設サイト( https://www.mizukishorin.com/ikaasa )があったりで、発売前からSNSで盛り上がってるなあと思いながら見ていました。

……が、私、アーサー王よく知らないんですよね。

前に記事を書いたフィリップ・リーヴの『アーサー王ここに眠る』でミルディン(マーリン)にどハマりしましたけど、私のアーサー王関連知識って、実際のところそれくらいなんですよ。

盛り上がってて楽しそうだけどいまいち乗り切れなかったのが切ない。

第一部の「受容の黎明期」が面白そうなので、今読んでるアーサー王関連の新書を読み終わったら……と思っていますが、積読犯なのでいつになるかな。今年の目標はアーサー王について知識を増やす、にしようかな……。

『いかアサ』は、カバーがアーサー王版、ガウェイン版、ランスロット版の3種類ある。私はランスロット版を買うことにしました。『金色のマビノギオン』という作品を描いている、執筆陣の一人の方がイラストを担当されたそうで、なんかキラキラしてる。

カバーは好きなのを選べるけど、なんだか買う時に困ったので通常版が欲しかったな……通常盤的位置がアーサー王版だったのかな……。

目次

序論/岡本広毅

第1部 受容の黎明期

〈アーサー王が海を越えて日本へやって来たこと。明治・大正期の騎士と武士の混合。夏目漱石が日本初のアーサー王小説を書いたこと。日本人研究者の貢献。〉

  • 明治・大正アーサー王浪漫――挿絵に見る騎士イメージの完成過程/山田 攻
  • 日本初のアーサー王物語――夏目漱石「薤露行」とシャロットの女/不破有理
  • 愛か忠誠か――『こころ』に見るランスロット像/小谷真理
  • 「アストラット」から「アスコラット」へ――日本から発信された中世の再発見/髙宮利行

第2部 サブカルチャーへの浸透

〈アーサー王と円卓の騎士たちがその名声を高めていったこと。アニメ、ゲーム、舞台で活躍する騎士たち。ご当地化・女体化するアーサー王伝説。〉

  • テレビアニメーション『円卓の騎士物語 燃えろアーサー』における日本のアーサー王原像/塩田信之
  • 一九八〇年代アキバ系サブカルチャーにおける「アーサー王物語」の受容/森瀬 繚
  • 宝塚のアーサー王物語――バウ・ミュージカル『ランスロット』/小路邦子
  • 女性アーサー王受容之試論――「Fate」シリーズを中心に 滝口秀人
  • 『ドラゴンクエストXI』における騎士道とアーサー王/小宮真樹子

第3部 君臨とさらなる拡大

〈さまざまな冒険のすえ、高貴なるアーサー王と円卓の騎士たちが現代日本サブカルチャーにおける英雄となったこと。語り直されるアーサー王伝説。騎士たちのグローバルな活躍。〉

  • 私の『アーサー王の世界』――リライトは楽し/斉藤 洋
  • 対談 永遠の王アーサーと『金色のマビノギオン』/山田南平―小宮真樹子
  • カズオ・イシグロのアーサー王物語――ノーベル賞作家はガウェイン推し/岡本広毅
  • イングランドとアメリカのポピュラーカルチャーにおけるアーサー王伝説/アラン・ルパック(杉山ゆき訳)

コラム:沈め! アーサー王物語の沼/椿 侘助

資料

  • 若者500人に聞きました――アーサー王伝説アンケート
  • 語り継がれるアーサー王伝説――一次資料集
  • 独断と偏見によるアーサー王用語集
  • 作品によって異なるものの、ある程度は参考になるかもしれない人物相関図
  • 過去と未来の王の軌跡――アーサー王伝説にまつわる主要な出来事

あとがき/小宮真樹子

スポンサーリンク